水虫に悩んでいる女性も意外と多いのではないでしょうか?そんな女性のためのサイトです。誰にもバレずにこっそり水虫治療できる方法があるんです!興味が出てきた方は是非その目でご確認ください。

  • ホーム
  • 臨床試験で安全性確保の治療薬で水虫のぶつぶつを治す

臨床試験で安全性確保の治療薬で水虫のぶつぶつを治す

臨床試験が行われ安全が確認された効果的な水虫の薬が次々と誕生しています。
中でも、使用した直後に乾くことから扱いやすく、大勢の患者に好まれているものとして液剤があります。
乾きやすいということは浸透性が悪いということにもなりますが、正しい使い方を講じることによりしっかりと浸透させることが可能です。
ポイントになるのは、塗布した後に拭き取ることなく患部に対して広めに塗り広げるということです。
多くの製品でノズルが搭載されているのですが、ノズルが搭載されていない場合は、綿棒もしくはコットンを用いて少量ずつ塗り広げる要領で塗布してください。
ただし、成分としてアルコールが基材とされているものが多いことから、水虫の症状が悪化している場合は使用すべきではありません。

次に、クリーム剤というタイプがあります。
水虫という判断が下された際、外用薬が処方される場合はほぼ全ての患者に対してクリーム剤が与えられることになります。
有している最も大きなメリットというのは、有効成分が皮膚に対して長い間留まるということと、浸透性に優れているということです。
少しの量であっても十分に効能を感じられるので、塗る量には注意する必要があります。
コツになるのは指の先に少量を取り、患部に対して薄く広めに塗っていくということです。
症状が軽減され、ぶつぶつが減ってきた場合でも一週間に一度のペースで足の裏全体に対して使用することにより、白癬菌の増殖を予防することができます。
つまり、再発を予防する方法としては最も好ましいと言えるのです。
市販品としても多く出回り、最も手に入れやすい軟膏は医療現場ではあまり用いられないという特徴があります。
ただし、痛みを感じる水虫に対してはどのようなタイプよりも有効性が高いです。