水虫に悩んでいる女性も意外と多いのではないでしょうか?そんな女性のためのサイトです。誰にもバレずにこっそり水虫治療できる方法があるんです!興味が出てきた方は是非その目でご確認ください。

  • ホーム
  • 水虫、時期、皮膚について

水虫、時期、皮膚について

水虫は白癬菌というのカビの仲間で、一番外側の皮膚に棲みつく病気です。
多くの人は足裏に発症すると思っていますが、意外にも水虫は手のひらや爪にも感染します。

そしてこの水虫の原因ともなっている白癬菌は、気温が高くて湿気の多い場所を好み生息します。
そのため一年の中でも梅雨から夏にかけての時期は、要注意する必要があります。
夏の場合は素足で過ごしていても汗をかきやすく特に蒸れてしまいます。
靴下を履いていると湿気も非常に多くなって、水虫にとっては最高の住処になってしまいます。
梅雨や夏場の時期以外でも気をつけなくてはいけないのは、1月から2月の間です。
冬場は基本的に湿気も少なく気温も低いのでそれほど水虫を気にする人はいませんが、それはとても危険です。
気温が低く寒いため多くの人が厚着をして寒さをしのぎます。
この厚着をすることによって、汗をかき夏場同様蒸れやすくなるということです。

特に女性の場合は、ブーツを履く人が多いのでしっかりと注意する必要があります。
水虫になってしまうと皮膚がボロボロになってしまうので、初期段階のうちにしっかりとした治療を行う必要をしなくてはいけません。
正しい治療法で根気よく付き合うことで、水虫は完治させることが可能になります。
症状を自己判断で決めてしまわずに、医師に相談をした上で治療を行って下さい。
そして自宅でも様々なことに注意しながら生活していくことも必要です。
常に清潔を心がけて、白癬菌を潜伏させないようにしましょう。
このように水虫は誰でもかかる可能性のある病気ですが、日頃からきちんと清潔にしておくことで簡単に防ぐことも可能だということです。
家族や知り合いで感染者が居る場合は、うつらないようにすることも重要です。